HOME > ひまわり新聞vol.01

ひまわり新聞 vol.01

むちうちについて

当院では、交通事故治療(むち打ち治療)から肩・頭痛、腰・膝の痛みまで全ての治療を行っており、都内、他県からも多くのむち打ちの患者様が来院されております。

治療の流れとしては、初診時に問診、視診、触診にて負傷部位(筋組織、靭帯、関節)を把握し、治療内容を判断した上で、治療内容をわかりやすくご説明し、症状に合わせた治療方法を組み立て、日常生活での注意点などもアドバイスしていきます。

むち打ちには様々な症状があります。首の痛み、頭痛、耳なり、吐き気、運動痛、運動制限、手のしびれ、違和感、倦怠感等があげられます。 事故直後に症状が出る事もあれば、数日後に出ることがありますので、症状を自己判断で軽視せず、必ず治療を受けることをお薦めします。

当院での治療は、最新の医療機器や施術方法も取り入れています。数多くの臨床経験より筋肉には浅層筋と深層筋があり、最初から患部の首だけではなく、カラダ全体のダメージなどによる筋バランスを整えるため、患部から遠いところにもアプローチも行い、患部の歪みなどを取り、結果的に局所の治療にあたります。深層筋に直接アプローチするNOE(高周波治療器)、サイバーウェーブ(ペインコントロール)も完備し、目的に応じた治療が可能です。

交通事故によるむち打ちに限らず、どんな症状でも必ず原因はあり、身体のバランスが崩れたときにどこかしらの負担がかかってしまう事が大抵の痛みの原因となります。その原因となる患部を見つけ、適切な治療を行う事が回復への最短ルートになると考えております。

当院では全ての患者様に、怪我や痛みの状況、その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人の症状にあわせた治療を行なっています。どこから負担がかかっているのかを的確に判断し、不調の原因にのみアプローチしますので効果的な施術になります。 むち打ちなどの交通事故での怪我の他、スポーツによる怪我でお困りの方、自賠責保険、健康保険、その他各種保険等取り扱いしておりますので、是非一度、「整骨院ひまわり」へお気軽にご相談ください。

交通事故(むちうち等)の来院から手続きの手順

1. お問合せ

まずご連絡下さい。また直接ご来院下さい。
※ むちうちなど交通事故治療にて来院

2. 問診・視診・触診

症状や事故により、どこが痛いかをお聞きし診療します。
テスト法にて、損傷部位の把握(筋組織、靭帯、骨)の特定、負傷部位の程度の判断を行います。

3. 治療内容の説明

症状に合わせて、カウンセリングを行い、後遺症の状態、治療方法を分かりやすく説明いたします。

4. 治療開始

症状に合わせ、治療法を組み立て、日常生活での注意点をアドバイスし、後遺症が出ないように治療を致します。

5. リハビリ(運動療法開始)

症状、状態に合わせて、運動療法を行い、損傷部位の機能回復訓練を行います。

6. 治療終了

症状改善と共に日常生活アドバイス、注意事項などを説明し、治療終了と致します。

定期検診も行いますのでご安心下さい。

交通事故による Q&A

? 治療費はどうなるの?

交通事故は自賠責保険適用にて患者さんの負担はありません。

? 治療方法はどうするの?

患者さん、一人一人の症状に合わせて治療内容を丁寧に説明し、治療を行います。

? 治療期間はどのくらい?

交通事故のケース、負傷状態により違いますが、むちうちの後遺症の場合約3~6ヶ月です。

? 病院と同時期に通院できる?

交通事故の場合、病院に通院しながら、整骨院の治療を受けることができます。

痛み、不安、事故について、分からないことや他治療院にて治療中で経過があまり思わしくない方、 お気軽にご相談下さい。

ひまわりグループ

お役立ち情報

なび院

Facebook